ロゴ 建物など 階段など 技術など

A:ハルアーキテクツ

C:シンファ

 

「渋谷センター街的構造」

 

昼夜人通りが絶えない

互いの建物が敷地ぎりぎりに建つ

地下水位が高い

店舗のレンタブル比を上げたい

工期を短く

・・・

 

渋谷センター街という土地柄、さまざまな困難な要素や難しい要望を技術的に解決していくミッション。

その中で、われわれは通常のラーメン構造(柱梁による門型フレーム構造)に少し手を加えることで、難易度を上げず目的を達成する方法を提案しました。

DSC01948a

三連柱

1本の大きな柱より、3本の小さな柱。

小さい柱を外壁に沿って並べ、間口をできるだけ広く取ること。

空間の効率が多少の材料費と製作手間UPよりも優先される場合、有効な方法です。また鳥居のようにフレームが並ぶことでリズムも生まれます。

 

 

 

 

 

DSC01982a

建て方状況

夜中に建て方を開始し、次の日の朝まで。4日程度かかります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01999a

柱継ぎ手

柱間隔が狭いのと、現場での省力化を考慮して今回は既製品の機械式継ぎ手を選択しています。(柱中間部)

これにより、柱、梁とも現場溶接が不要となり、施工が単純化されます。

 

Copyright © 2018 Masaki Structural Laboratory. All Rights Reserved.